採用情報

お問い合わせ

文字の大きさ

トップ > 南山城学園とは > 働きやすい職場づくり

働きやすい職場づくり

利用者様に質の高いサービスを提供するためには、
まず、職員自身が心身ともに健康であることが大切です。
南山城学園では、産休や育休、介護休暇などをとりながら、
働き続けることができる職場環境を整えるため、
以下の取り組みを行っています。

社会福祉法人 南山城学園 行動計画表

計画期間
平成29年4月1日~平成31年3月31日
当法人の課題
平成21年度より新規学卒採用者が大幅に増えており、今後子育てと仕事を両立しながら就業継続を希望する潜在的需要が、法人内に多数存在すると考えられる。
内容

目標1:
○計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする
男性職員:計画期間中に1人以上取得すること
女性職員:取得率を80%以上にすること

<取組内容>
平成30年3月まで:
男性職員も育児休業を取得できること、育児介護休業法改正に伴い変更された育児休業制度について周知を行う。


目標2:
○事業所内保育所の開設

<取組内容>
平成30年3月まで:
事業所内保育に対するニーズの把握のため、アンケートなどを実施する。
平成31年3月まで:
アンケートを踏まえ、事業所内保育を開設する。


目標3:
○ロールモデルとなる女性職員の紹介

<取組内容>
平成31年3月まで:
女性管理職や出産・育児等のライフイベントを経験したロールモデルとなる女性職員を社内報にて紹介する。

PAGE TOP

よりそう力